会社概要

会社概要

社内風景
社内風景
社内風景
社名 株式会社 シリコン デザイン テクノロジー(英語表記)Silicon Design Technology Co.,Ltd
所在地 〒224-0032 横浜市都筑区茅ケ崎中央51-13-402
連絡先 TEL:045-941-2451 FAX:045-941-2567 お問い合わせフォーム
設立 2000年3月15日
代表者 代表取締役 山田 知果
社員数 20名
事業内容

カーエレクトロニクス関連の設計・開発

電気自動車(EV)やハイブリッド自動車(HEV)におけるパワートレインの制御及び、制御ユニットの開発。

組込制御システム

EV、ITSの企画・開発・設計・販売。

PCBデザイン

基板の設計、試作機の製造。

R&D

自社における、研修・研究。

ソリューション

レンタルルーム。
「電子回路教室」 私立小学校における放課後学習『アフタースクール』の実施。

アクセス

  • 地下鉄
    横浜市営地下鉄「センター南」駅
    7番出口より徒歩1分
    (バスロータリー5,6番バス停向かい)
  • 所在地
    神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央51-13-402
    株式会社シリコンデザインテクノロジー
  • 連絡先
    TEL: 045-941-2451
    FAX: 045-941-2567

これまでの歩み

2000年3月 有限会社シリコンデザインテクノロジー設立
2000年4月 大手メーカーの市販カーナビゲーションの委託設計開始
2000年10月 8bitパイプラインCPUIP提供開始~三栄電子株式会社様
2004年7月 16bitRISC-CPUリリース第7回組込システム開発技術展」(於:東京ビックサイト)出展、
東京エレクトロンデバイス株式会社と販売代理店契約締結
2008年9月 ECU開発事業に参入、その開発を主軸とする
2010年4月 組織・体制を強化し業務を拡張
2011年11月 株式会社に名称変更、役員改選
2012年1月 本社を横浜市都筑区に移転
2012年2月 通販部事業を開始(WEBショップ、セミナー開催)
2014年12月 オフィス増床 「SDT Lab」(実験室)設置
2015年3月 「Tallentum(タレントゥム)」サロンオープン
横浜市内・私立小学校アフタースクール「電子回路教室」開始

代表者挨拶

皆々様の御贔屓に与り おかげさまで今日に至っております。
心より感謝申しあげます。

東京でのオリンピックまであと1000日を切りました。
その2020年 株式会社シリコンデザインテクノロジーは設立20周年となります。
設立以来 一貫して「電子回路設計ができる」エンジニアの集団であることにプライドを持ち続けて参りました。
新卒採用を始めてから少しずつ若い戦力が育ち 長年の課題であった世代交代がいよいよ実現可能になってきた次第です。
学生時代に電子・電気についての学習を重ねてきた者だけでなく スキルチェンジを希望して入社した者にも知識の水を注ぎ続け 恐れずに経験を積ませています。
教育にあたり 私ども社員だけでなく日々お付き合いいただくお客様にもお育ていただいていることは 感謝の念に堪えません。
しかし 数々の大手電機メーカーがこの数年で衰退してしまうなどの背景があるからなのでしょうか 電子・電気を学びながらこの業界を目指す学生が減少し これからの中小企業の採用には氷河期ともいえる状況が予想されます。
多くの企業が先行されている外国人のエンジニア育成も かねてから検討は重ねてきましたが ついに実現に向けて推進していかねばなりません。

技術部門とは別に プロモーション事業部による新事業は 主に最近増員した女性スタッフが担い 期待以上に活気で満たされております。彼女たちが注力している電子回路教室「ひらぼ」は 世の中にある多くのプログラミング教室とは一線を画し敢えてハードの世界にこだわりを持たせていますので 技術部門の専門知識をしっかりと組み込んだカリキュラムで 自信を持って行なっております。
現在は事業部を二つに分けておりますが プロモーション部門のスタッフは 時間の使い方やワークロードのバランスを考えながら技術部門をサポートし 技術部門はそのスキルをプロモーション事業に提供するなど お互いの部門が支え合う構図をくずしていません。

中小企業というのは 一社で何もかもを備えることができない中であらゆる工夫をして日々闘っております。
もっとスタッフに夢を持たせてあげられないのか 時間管理のことだけでなく苦しみより楽しさが多い働き方改革はできないのか と考えておられる代表者の方がたくさんおられると思います。
近隣の中小企業の皆様と共有できることを見出し 声をかけ励ましあって行けるモデルケースを実現したい そのようにも考えております。
これまで通り 「力強い技術力」を確実にお客様にお届けし 次世代につなげてゆけるよう 一層努めて参ります。どうかお見守りいただけましたら幸いです。

今後とも株式会社シリコンデザインテクノロジーをどうぞよろしくお願い申しあげます。

 

山田知果